乳酸菌サプリを飲むタイミングは就寝前がベスト!無駄無く乳酸菌を摂取しよう!

食前?それとも食後?飲むタイミングは?

せっかくサプリメントを飲むのであれば、効果を最も発揮できるタイミングに飲みたいものです。では、乳酸菌サプリの飲むタイミングはいつがいいのでしょうか。基本的には食前に飲むよりも食後に飲む方が効果的だと言われています。ただ、サプリメントは薬ではないので、食前に飲んだからといっても何か害になるわけではありません。飲み忘れなければいつでもいいのですが、ではなぜ食前よりも食後の方がいいのでしょうか。それには乳酸菌サプリと胃酸と の関係があります。

乳酸菌は胃酸に弱いので食後の方がベター

乳酸菌はヨーグルトや納豆などの発酵食品にたくさん含まれています。ただ、胃酸に弱いのでせっかくヨーグルトを食べても腸に届く前に乳酸菌が死んでしまいます。胃酸は食べ物を消化するだけでなくて、乳酸菌などのような細菌なども殺してしまう働きがあります。ただ、これだといくら乳酸菌を摂取しても意味がありません。なので、胃酸によって乳酸菌が死滅してしまうのを避けるために、胃酸が弱いタイミングを狙う必要があります。それが食後です。だから、できることならあなたも乳酸菌サプリは食後に飲みましょう。

では、朝と夜ならどちらの方が効果的なのか?

食前よりも食後の方が効果的なのであれば、朝食後と夕食後のどちらの方がよりいいのでしょうか。どちらかと言えば、朝よりも夜の方がいいでしょう。腸の活動は就寝前の方が穏やかになっているので、より栄養の吸収がされやすくなります。反対に朝は1日が始まるタイミングなので、どうしても夜ほどの活動が見込めません。特に寝る前であれば、腸にとってはベストタイミングなので、善玉菌も活発になり腸内環境はより良くなります。なので、乳酸菌サプリは寝る前に飲むことがベストタイミングだと言えます。

忙しくて寝る前に飲めそうにないときは?

とはいえ、やはり人によっては忘れてしまったり、タイミングを逃してしまったりすることもあります。生活リズムは人によってバラバラなのでどうしても夕食後に飲むことが難しいという人もいるでしょう。そんな方は無理して寝る前に飲む必要はありません。確かにベストタイミングを逃すのは惜しいですが 、そもそもサプリメントは飲まないと意味がありませんので、飲み忘れたり飲むのがバラバラになるくらいならいつでも好きなときに飲むようにした方がいいでしょう。そうすれば、きちんと乳酸菌パワーを実感できるようになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする