乳酸菌にはどんな種類があるの?今まで知らなかった乳酸菌サプリのあれこれを教えます!

乳酸菌は何種類あるのか?

乳酸菌という名前はいたるところで聞きますが、そもそも乳酸菌は何種類があるのでしょうか。乳酸菌は200種類以上あると言われており、棒状と球状の形の2種類の形をしています。乳酸菌はヨーグルトや納豆に含まれており、主に腸内環境を整える効果があることが知られています。乳酸菌をきちんと摂取するためには、乳酸サプリがお勧めです。ヨーグルトを食べて乳酸菌を取り入れることもできますが、腸にたどり着く前に死滅してしまいますので、生きたまま腸まで運ぶためにはサプリメントが一番です。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違いとは?

乳酸菌には植物性と動物性がありますが、それぞれどのような違いがあると思いますか?植物性乳酸菌の場合はブドウ糖や果糖などを餌にしてマメやお米などを発酵させます。また、動物性乳酸菌の場合は乳糖を餌にして乳製品を発酵させます。実は人によって腸内環境の乳酸菌の種類は違うので、自分に合った乳酸菌を選ばないといけません。でも、どの乳酸菌が自分に合っているのかというのは、実際に乳酸菌を摂取しないとわかりません。なので、サプリメントを飲むときにはお試し価格で販売しているサプリメントから飲むとローリスクでトライできるのでお勧めです。

サプリメントを選ぶときの基準はどうする?

サプリメントを選ぶときには、ネットで口コミサイトなどを参考にするのもいいですが、公式サイトで機能性表示食品であるかどうかも確認するといいでしょう。機能性表示食品というのは、最近広まっているサプリ選びの基準で、きちんと科学的根拠があるサプリメントであるかどうかを示すための表示です。 だから、この表示があればそのサプリメントには効果があることがわかり、表示が無い場合は疑わしいということです。機能性表示食品の科学的根拠は、実は消費者庁のホームページで確認できるので、気になる方はチェックするといいでしょう。

1日の必要乳酸菌とは?乳酸菌の量について

乳酸菌は1日にどのくらい必要なのでしょうか。基本的にはヨーグルトだと200~300グラム程度の量になります。なので、ヨーグルトをたくさん食べないと必要量を確保できないというわけではありませんので、あまり負担はありません。どの食品やサプリメントで乳酸菌を摂取するのかによって異なってくるので、一概にどのくらいの量なのかは説明できませんが、サプリメントで乳酸菌を摂取するのであれば、決まった量を飲めば大丈夫です。くれぐれもサプリメントの暴飲はしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする